2014年10月3日

「はんなり」染める手描き技(2)

高い評価をいただく「はんなり」したきものを生み出す、「糊置」の技。

今回はこの技について、私が研究したことをお話します。

 

以前、「やわらかさ」「やさしさ」「上品さ」を併せ持っているものが「はんなり」のイメージになっているとお話しました。

 

実は、全く同じ図柄のきものや帯でも、「でんぷん糊」を使って仕上げた製品のほうが、現在主流の「ゴム糊」を使って仕上げた製品よりも高く評価いただくのです。

 

実際に全く同じ2つの製品を並べ、100名の方に比較評価していただいたところ、でんぷん糊を使った製品へのイメージ評価で「やわらかい」「上品」「やさしい」といったキーワードが出てきており、高評価を裏付ける結果になりました。

 

この2製品を表面を顕微鏡で観察すると、

 

  • でんぷん糊・・・生地との境界がぼやけ、やわらかい。

  • ゴム糊  ・・・生地との境界がはっきりしている。


 

という違いがあります。イメージ評価とも合致しますね。

 

次回はもう少し「でんぷん糊」と「ゴム糊」について、専門的なお話をしていきたいと思います。

 

でもその前に、あるプロジェクトでニューヨークへ行ったお話もご報告させていただきますね。

 

お楽しみに!

 

posted by hishiken at 10:30 | はんなり研究 |

ページトップへ

Page Top