2017年9月22日

奥ゆかしく咲く華をまとう、初冬のきもの

おいでやす。

菱健の古川でございます。

商品コラムでは、弊社の季節のおすすめきものをご紹介してまいります。

 

今回は冬の訪れを感じる季節におすすめの、染めと刺繍で華を散らしたきものをご紹介します。

 

  • 飛小紋華丸

紋意匠網代の生地に、笹や松の丸紋をひかえめに散らした小紋です。しゃれ味のある帯で遊んでも、格調高い帯できちんと感を出しても素敵。黒、水色、クリーム色、ピンクの4色で展開しておりますので、幅広い年代の方にお好きな色をお選びいただけます。観劇などのよそおいにいかがでしょうか。

 

 

  • 刺繍華紋

紋意匠立縞の生地に、2種類の華紋を刺繍しました。地色と同系色の糸と白糸のみで縫い取った華刺繍は、上品で菱健らしい逸品となりました。墨黒と小豆色は華紋が引き立ち、藤色とクリーム色の華紋は光の加減できらりと主張します。ややハリのある生地ですのできものはもちろん、羽織やコートに仕立てていただいても重宝します。

 

いかがでしょうか。

見せ方を変えて幾枚ものきものに使われる華丸、華紋。色とりどりの地色の中に、控えめに咲かせた品々はいかがでしょうか。

 

posted by hishiken at 17:29 | 商品コラム |

トップへ

Page Top