作成者別アーカイブ: hishiken_admin

春の外遊びへ…紬の名古屋帯

おいでやす。 菱健 商品コラム担当の鶴野未来と申します。 商品コラムでは、弊社の季節のおすすめのきものをご紹介してまいります。   すっかりおうち時間が長くなりましたが、きっと春の陽気の頃には外あるきもできると願って。今回は紬の名古屋帯をご紹介します。   枝唐花名古屋帯 こちらはもともと、墨濃淡や紫濃淡で染めていた図柄。今回、藍染めに赤と緑をアクセントに入れてみました。ワントーンのものも上品で素敵ですが、こちらはかわいらしさが出て、全年代の方にお使いいただきやすい帯になりました。全通で仕立てておりますので、初心者さんにもお使いいただきやすい帯です。 テッセン墨濃淡名古屋帯 こちらは藍濃淡・紫濃淡でお作りしていた定番品を、墨濃淡ではっきりとコントラストを効かせた染め上がりにしてみました。絵柄がよりはっきりと出て、紬や小紋に合わせる遊び着にぴったりの帯になりました。オールシーズンお使いいただけますが、特に単衣の季節にもぴったりです。   いかがでしょうか。 ひとつはかわいらしく、ひとつはちょっぴりシックに。どんな年代の方でもさっと締めてお出かけできる、大変使いやすいきものです。  

カテゴリー: はんなり研究 | コメントをどうぞ

ようこそ、きもの沼へ…牛首紬のきもの

おいでやす。 菱健の古川でございます。 商品コラムでは、弊社の季節のおすすめきものをご紹介してまいります。   今回は石川県の白峯地区で生産されている牛首紬を染めたきものをご紹介いたします。   牛首紬 染め分け斜め取り多色ボカシ 多色使いのボカシ染めを絵羽付けにし、全体に柔らかに流れる空気感を表現しました。様々なカジュアル帯と合わせやすく、肌に触れる質感もとてもよいので、マダムの休日に気楽にお召しいただけるきものです。思い切って日常使いしていただければ。     牛首紬 ツタ柄横段総絵羽 こちらも多色を使い、型染でツタ柄を染め付けました。こうして見ると紬の訪問着のように見えますが、こちらも洒落帯を合わせて日常使いいただきたい一枚。着物上級者さん、きもの沼にどっぷりと浸かった方に、レトロな着こなしを楽しんでいただきたいきものです。   いかがでしょうか。 牛首紬は紬の中でも染め物加工用のものを多く生産しており、京友禅とのコラボレーションは通な方の心をくすぐる一枚だと自負しております。生地の風合いを楽しみながらお過ごしください。  

カテゴリー: 商品コラム | コメントをどうぞ

匠の技光る…日常と特別な日のきもの

おいでやす。 菱健 商品コラム担当の鶴野未来と申します。 商品コラムでは、弊社の季節のおすすめのきものをご紹介してまいります。   今回は毎日でも着たくなるきものと、ここぞ!という時のきもの。着るシーンは正反対だけれど職人技が光る品をご紹介いたします。   色無地小紋 とろけるような触り心地を生む、先練三眠蚕を使った生地に、色吹雪加工をほどこしました。紫地にはえんじ色とブルー、紺色には紫と薄紺、グレーとミントグリーンの生地には水色とピンクがにじんでおり、空気のゆらぎのような繊細さを醸し出しています。色吹雪加工の色の出方は偶然性が高くなかなかうまくいかないことが多いのですが、安定して生産できるようになりましたので今後定番品としてお出ししたいと考えております。   正倉院華紋唐草訪問着 本佐賀かざり錦 正倉院華紋と唐花に、小物用の佐賀錦を何十色も縫い付けて、立体的でゴージャスな一枚に仕上げました。葉っぱなど、ところどころに金彩のグラデーションを施し、錦の色のバランスのとり方も大変緻密に計算されていて、これぞ一生ものの逸品です。   いかがでしょうか。 色無地小紋はカジュアルに、佐賀錦の訪問着は一張羅にお召しいただきたいきものですが、どちらもとびきりの職人たちが仕上げたきもの。一度お手に取ってご覧下さい。  

カテゴリー: 商品コラム | コメントをどうぞ

喜びあふれる日に…宝尽くしのきもの

おいでやす。 菱健の古川でございます。 商品コラムでは、弊社の季節のおすすめきものをご紹介してまいります。   今回はかわいらしさとおめでたさが同居する、宝尽くしのきものをご紹介いたします。 宝尽くし亀甲紋訪問着 裾や袂にちりばめたちいさな宝物に加えて、亀甲紋に鶴、松、梅、橘とおめでたいもの尽くしの訪問着です。一つ一つの柄は小さいので、重量感はなくとても着やすいきものです。水色やベージュといった訪問着らしい地色もご用意しておりますが、濃地も清楚な雰囲気に。ぜひ松の内にお召しください。   宝尽くし色留袖 上前に小槌を描き、宝尽くしの中でもよりおめでたさを強調したベージュの雲居の色留袖です。多色使いが晴れやかな雰囲気をいっそう醸し出し、叙勲パーティなど一生に一度の晴れ舞台にぴったりのきものです。一方で華々しすぎない、引き算の美しさのある色留袖ですので訪問着としてもお使いいただけます。   先が見えない日々が続いた令和二年も、気づけば年の瀬を迎えました。 一進一退の中でも、多くの方と喜びを分かち合う場に集える日に向かって少しずつ近づいているように感じております。   本年、このような中でも変わらぬご愛顧をいただいたこと、誠にありがとうございます。 来年も京友禅の灯火を大切に守りながら、皆さまにすてきなきものライフをお過ごしいただけるよう精進してまいります。 引き続きお引き立てのほど、どうぞよろしくお願いいたします。   それではよいお年をお迎えください。  

カテゴリー: 商品コラム | コメントをどうぞ

いにしえに咲く…正倉院と花のきもの

おいでやす。 菱健 商品コラム担当の鶴野未来と申します。 商品コラムでは、弊社の季節のおすすめのきものをご紹介してまいります。   今回は古典柄におめでたい花を咲かせた訪問着をご紹介いたします。   正倉院菊取訪問着 落ち着いた藤グレーの駒無地に、枝ぶりも上品に菊を染め付けました。細かく有色で塗り分けているので、上品さの中に十分な華やかさがあり、入学・卒業式や七五三に付き添われる若奥様の品格を引き上げてくれる訪問着です。白や金銀の袋帯が定番ですが、黒や茶系の帯でより落ち着きを加えても。   正倉院梅取訪問着 裾に薄紫色でボカシを入れたベージュの駒無地に、唐草文様風に梅を配置した、格調高い訪問着です。梅の中に正倉院文様を配しているので、抽象的な雰囲気が漂う一枚になりました。どのような帯にも合わせやすい、七五三や入学・卒業式におすすめのきものです。   いかがでしょうか。 正倉院文様に吉祥の花と、古くから愛されてきた古典柄ですが、色や柄の組み合わせ方でぐっと現代らしい気品をまといます。ぜひ一度ご覧ください。  

カテゴリー: 商品コラム | コメントをどうぞ

お祝いの日に…気品あふれる色留袖

おいでやす。 菱健の古川でございます。 商品コラムでは、弊社の季節のおすすめきものをご紹介してまいります。 今回は叙勲パーティが続く季節、奥様がお召しになる色留袖をご紹介いたします。   扇に糸目松揚げ色留袖 佳き日を寿ぐ、おめでたい柄を詰め込みました。扇の中に御所車や松竹梅、幔幕にさまざまな花と、京友禅らしいきものです。地色にはこっそり松の糸目揚げを施しており、遠くから見ても近くで見てもすばらしい技を感じられる色留袖です。   香箱柄色留袖 以前染めた柄のリバイバルです。雲居の記事に有色で染めた正統派古典柄で、若い方にもお召しいただけるので、ご親族の結婚式などにもおすすめです。正倉院の宝物の香箱、バックスタイルの文箱から、菊や梅の花が香り出てきていて、大変おめでたいきものです。   いかがでしょうか。 最近では留袖のシーンにも色留袖をお召しになる方も増えてきています。最上におめでたい日に、格式と喜びをあわせ持った一枚をどうぞ。  

カテゴリー: 商品コラム | コメントをどうぞ

格調高く…正倉院華紋のきもの

おいでやす。 菱健 商品コラム担当の鶴野未来と申します。 商品コラムでは、弊社の季節のおすすめのきものをご紹介してまいります。   今回は年明けの初釜や初いけ式にもぴったりの訪問着をご紹介いたします。   正倉院道長文様訪問着 灰桜地に有色で正倉院文様を流した、華やかに装うきものです。道長取の中に多くの正倉院文様を割り付けて染め上げました。正統派に着こなすなら金銀や白系の袋帯、少しモダンに仕上げたい時には黒や茶色の帯でスタイリッシュにまとめてみて下さい。 正倉院華紋訪問着 華やかで力強い正倉院華紋を白揚げに染めることで、着る人をより際立たせるバランスのよい訪問着になりました。帯もとても合わせやすいですが、銀糸を使った西陣織の袋帯などがぴったりです。入学式や卒業式の晴れの日などにいかがでしょうか。   いかがでしょうか。 華やかでありながら品格を高めてくれるのが、正倉院文様のすばらしいところ。年明けのおめでたい日々に、ぜひ袖を通してみてくださいませ。  

カテゴリー: はんなり研究 | コメントをどうぞ

流麗に咲きこぼれる…ガレ調のきもの

おいでやす。 菱健の古川でございます。 商品コラムでは、弊社の季節のおすすめきものをご紹介してまいります。   今回はそれを通す時期も選ばない、エミール・ガレの作風を模して洋花のブーケを描いたきものをご紹介いたします。 洋花色々 附下 薄グレーの生地に白茶でボカシを入れ、訪問着用の柄から少し花を減らしてライトな附下に仕立てました。洋花だけでなく、唐花と合わせた花束はどこかオリエンタルな無国籍感を宿していて個性的。結婚式やお子様の七五三など、訪問着の場面にも問題なくお使いいただけるきものです。     洋花ガレ調グロリオサ 附下 こちらも薄グレーの駒無地に、蔦が流れるような躍動感を意識しながら洋花を配しました。グロリオサの葉をあしらうことで、一気に写実性が増して絵画っぽさが出すことができました。こちらも結婚式や、お子様の七五三や十三まいりにお召しいただくとセンスのよさに衆目を集めることでしょう。     いかがでしょうか。 古典的な花々ときものとの調和はすばらしいものですが、洋花をあしらったものもまた、西洋画の趣が遺憾なく発揮されていて見飽きることがありません。気分を変えたい時のためにぜひ一枚、お持ちください。    

カテゴリー: 商品コラム | コメントをどうぞ

京友禅に夢中…格式ある古典柄のきもの

おいでやす。 菱健 商品コラム担当の鶴野未来と申します。 商品コラムでは、弊社の季節のおすすめのきものをご紹介してまいります。   今回は菱健の得意とする、正統派古典柄のきものを2つ、ご紹介いたします。   正倉院華紋裂取色留袖 正面に正倉院華紋を配し、後ろ姿には名物裂取をあしらった、正統派の古典柄色留袖です。すっきりとした中にも華紋を金糸の刺繍などで豪奢にあしらっており、もうすぐ発表される秋の叙勲の式典やパーティ、そして本来なら園遊会など最も格式を求められる場に映えるきものです。帯も金糸をあしらったものや、正倉院文様のものでまとめていただくのが素敵です。 松に短冊吹寄せ柄附下 これぞ京友禅の真髄と言えるような古典柄の附下です。短冊の中に擦り疋田や金彩といった技巧、亀甲柄や七宝柄をぜいたくに詰め込んで高級感を醸成いたしました。流行に左右されず、また飽きのこない柄ですので長くお召しいただけます。お孫さんの七五三や十三まいりに付き添われるときなど、袋帯をきっちり締めてお召しください。   いかがでしょうか。 大規模な催しは見送りが決まっているものも多いですが、小規模な慶事や社寺へのお参りはゆるやかに人の足が戻っているようす。今年持て余したおしゃれ心をここでひとつ、花開かせてみてはいかがでしょうか。  

カテゴリー: 商品コラム | コメントをどうぞ

地色豊かに…カラーバリエーション豊富なきもの

おいでやす。 菱健の古川でございます。 商品コラムでは、弊社の季節のおすすめきものをご紹介してまいります。   京友禅の愉しみははんなりとした色柄にありますが、「自分に似合う色」というのも、きものを選ぶ大きな要素。今回はカラーバリエーションを豊富に揃えたきものをご紹介いたします。 紋紗 靄ボカシ 先日もご紹介した紋紗のきもの。あまりにご好評いただきましたので、追加で染めたものが仕上がりました。地に靄ボカシを入れることで染めのよさが引き立ち、高級感が漂います。暖かい時期の羽織やコートにぴったりですが、夏きものに仕立てる方も多くいらっしゃいます。柄は葵、橘、葛、葡萄唐草にモンステラ、ユリ、雪輪格子など8柄をご用意いたしました。   刺繍飛び小紋 こちらはなんと、写真以外もあわせて20色ご用意し、色ごとに異なる刺繍を1つの反物につき2柄施しました。 実のところ、コロナ禍で職人さんたちの手が空いてしまうのをなんとか防ぎたいと色展開を増やしたという事情も。ですが地色の色に合わせた刺繍はボカシや濃淡がきれいに効いて、普段着から羽織、礼装にもお使いいただけるものに仕上がりました。   いかがでしょうか。 今回ご紹介したものを、それぞれ着物とコートに仕立て、組み合わせてお召いただくのもすてきです。ぜひ彩り豊かなきものライフの一端に。  

カテゴリー: 商品コラム | コメントをどうぞ