作成者別アーカイブ: hishiken_admin

京友禅に夢中…格式ある古典柄のきもの

おいでやす。 菱健 商品コラム担当の鶴野未来と申します。 商品コラムでは、弊社の季節のおすすめのきものをご紹介してまいります。   今回は菱健の得意とする、正統派古典柄のきものを2つ、ご紹介いたします。   正倉院華紋裂取色留袖 正面に正倉院華紋を配し、後ろ姿には名物裂取をあしらった、正統派の古典柄色留袖です。すっきりとした中にも華紋を金糸の刺繍などで豪奢にあしらっており、もうすぐ発表される秋の叙勲の式典やパーティ、そして本来なら園遊会など最も格式を求められる場に映えるきものです。帯も金糸をあしらったものや、正倉院文様のものでまとめていただくのが素敵です。 松に短冊吹寄せ柄附下 これぞ京友禅の真髄と言えるような古典柄の附下です。短冊の中に擦り疋田や金彩といった技巧、亀甲柄や七宝柄をぜいたくに詰め込んで高級感を醸成いたしました。流行に左右されず、また飽きのこない柄ですので長くお召しいただけます。お孫さんの七五三や十三まいりに付き添われるときなど、袋帯をきっちり締めてお召しください。   いかがでしょうか。 大規模な催しは見送りが決まっているものも多いですが、小規模な慶事や社寺へのお参りはゆるやかに人の足が戻っているようす。今年持て余したおしゃれ心をここでひとつ、花開かせてみてはいかがでしょうか。  

カテゴリー: 商品コラム | コメントをどうぞ

地色豊かに…カラーバリエーション豊富なきもの

おいでやす。 菱健の古川でございます。 商品コラムでは、弊社の季節のおすすめきものをご紹介してまいります。   京友禅の愉しみははんなりとした色柄にありますが、「自分に似合う色」というのも、きものを選ぶ大きな要素。今回はカラーバリエーションを豊富に揃えたきものをご紹介いたします。 紋紗 靄ボカシ 先日もご紹介した紋紗のきもの。あまりにご好評いただきましたので、追加で染めたものが仕上がりました。地に靄ボカシを入れることで染めのよさが引き立ち、高級感が漂います。暖かい時期の羽織やコートにぴったりですが、夏きものに仕立てる方も多くいらっしゃいます。柄は葵、橘、葛、葡萄唐草にモンステラ、ユリ、雪輪格子など8柄をご用意いたしました。   刺繍飛び小紋 こちらはなんと、写真以外もあわせて20色ご用意し、色ごとに異なる刺繍を1つの反物につき2柄施しました。 実のところ、コロナ禍で職人さんたちの手が空いてしまうのをなんとか防ぎたいと色展開を増やしたという事情も。ですが地色の色に合わせた刺繍はボカシや濃淡がきれいに効いて、普段着から羽織、礼装にもお使いいただけるものに仕上がりました。   いかがでしょうか。 今回ご紹介したものを、それぞれ着物とコートに仕立て、組み合わせてお召いただくのもすてきです。ぜひ彩り豊かなきものライフの一端に。  

カテゴリー: 商品コラム | コメントをどうぞ

渋く粋に…おうちでも楽しめる着物

おいでやす。 菱健 商品コラム担当の鶴野未来と申します。 商品コラムでは、弊社の季節のおすすめのきものをご紹介してまいります。   外出の機会ががくんと減ってしまった今年。一方でおうち着物を楽しむ皆様のようすが聞こえてきます。気軽に楽しめる生紬の帯と小紋をご紹介します。   ハイビスカス生紬染帯 人気の生紬染帯シリーズに新たにハイビスカス柄を加えました。手先まで柄を入れた全通の帯なので締めやすく、結城紬や大島紬などと合わせて渋い着こなしが引き立ちます。墨濃淡のほかに藍濃淡もおつくりしています。ハイビスカスというと夏までに締めるイメージですが、シックな色なので初秋にもどうぞ。   更紗華丸金彩揚げ飛小紋 上の染帯に合わせている小紋です。紋シボの生地に、あえて色数を抑えて白揚げと金彩のみのモノトーン調に華丸を染めました。ポイントにターコイズブルーを使うことでエスニックな雰囲気もあり、個性的なきものを好む方にぴったり。すっきりとした印象で、帯によりフォーマルからカジュアルまで幅広いシーンでお召しいただけると思います。   いかがでしょうか。 人前に立つときはパッと目をひく華やかさも大切ですが、プライベートな場で気楽に楽しむきものも一興。侘びさびを感じるシックなきもので過ごしてみるのはいかがでしょう。  

カテゴリー: 商品コラム | コメントをどうぞ

どちらがお好み?…ジャワ更紗の帯

おいでやす。 菱健 商品コラム担当の鶴野未来と申します。 商品コラムでは、弊社の季節のおすすめのきものをご紹介してまいります。   どんな季節やきものにも合わせやすい更紗の帯。ですが柄の配置や色合いでがらりと雰囲気を変えるので、作り手の腕が鳴る図案です。   ジャワ更紗こってり名古屋帯 生紬に、これでもかと色を入れた更紗です。合わせ鏡のような柄はこってりとしていますが、ビビッドな色無地や、藍染めの小紋のワンポイントにぴったり。大島などとも相性がよく、大変合わせやすい全通の帯です。袷はもちろん単衣にも、年間を通してお使いいただけます。   ジャワ更紗すっきり名古屋帯 打って変わってこちらは生紬に紫単色ですっきりと。幾何学柄の配置を少々意識しつつ、ヨーロッパの絵柄のような雰囲気も出してみました。小紋や単衣のきものと合わせて、日常にも大変使いやすい帯です。こちらは藍染めと2色にて展開しております。   いかがでしょうか。 どちらも様々なきものと相性がよく、コーディネートしやすい帯です。はやりのおうち着物としても気軽に締めていただけますので、ぜひ一度ご覧ください。  

カテゴリー: 商品コラム | コメントをどうぞ

古典柄をプチリニューアル…カジュアルきものと帯

おいでやす。 菱健の古川でございます。 商品コラムでは、弊社の季節のおすすめきものをご紹介してまいります。   恐る恐るではありますが、お出かけの機会も戻りつつあるある夏。お近くへの外出や、おうちでも楽しめるきものをご紹介します。 葵に辻が花/辻が花 名古屋帯 左が辻が花のみ、右は葵と辻が花の図柄を入れた生紬の全通の帯です。たれは仕立て時に調整し、無地にも柄にもできます。葵や辻が花はよくお作りする図案ですが、今回はきれいなビビッドカラーを入れて個性的に仕上げました。人と違う着こなしを目指す方にはぴったり。またとても締めやすいカジュアルな帯ですので、おうち着物を楽しむ方にもぴったりです。   雪輪七宝柄小紋 緞子に唐草紋の地紋が入った生地に、宝物を詰め込んだ雪輪を描きました。こちら、もともとは訪問着の図案なのですが、古典柄の小紋にしたら使いやすくて可愛らしいだろうと思いお作りしました。織物の名古屋帯と合わせてカジュアルにお使いいただけるほか、袋帯ならば格調高い場にも十分お使いいただけるきものです。計7色にてご用意しております。   いかがでしょうか。 誰かと会ったり、パーティで集まる機会がぐんと減った時こそ、ただただ自分のために自分らしいよそおいを試してみるチャンスかもしれません。あたらしい生活で、あたらしいコーディネートを見つけてください。    

カテゴリー: 商品コラム | コメントをどうぞ

きものにもコートにも…紋が美しいきもの

おいでやす。 菱健 商品コラム担当の鶴野未来と申します。 商品コラムでは、弊社の季節のおすすめのきものをご紹介してまいります。   今回は地紋の美しさにフォーカスしたきものをご紹介いたします。どちらも展示会で大変好評をいただいている自信作です。   紋紗もやボカシ 菱健が得意とする葵の文様に、MIXボカシのきものは何度も手掛けてきましたが、こんどは全体にタタキを加えた複合加工を施しました。タタキ加工することでなぜか多色を使っているように見えるくらい、奥行きや広がりが出てまいりました。夏きものとして仕立てて粋に着こなしていただくもよし、どんなきものとも相性がよいので羽織にしても重宝します。こちらの2色のほかに青や緑系など、合計8色をご用意しております。   紋意匠一釜先練三眠蚕 閉塞感を感じる今のご時世を菱健なりに打ち破ってみたいと、明るくビビッドな色をご用意してみました。 こちらは上質な三眠蚕の糸で織っておりますので、しなやかでやわらかく、うっとりするような着心地。とても皺になりにくいので、座ることの多い日にも使いやすいきものになります。また生地幅を1尺5分とり、手が長く背の高い若い方の羽織やコートも仕立てやすいのも魅力。葵や葡萄唐草などの地紋が光の加減で表情を変え、カジュアルだけでなく色無地としてフォーマルにもお使いいただけます。   いかがでしょうか。 なかなかパーティなどへ出かけられない日々が続きます。おうちやちょっとそこまでのお出かけでおしゃれを楽しみたい方におすすめの品と感じております。ぜひご覧くださいませ。  

カテゴリー: はんなり研究 | コメントをどうぞ

爽やかに咲く…花で彩る訪問着

おいでやす。 菱健の古川でございます。 商品コラムでは、弊社の季節のおすすめきものをご紹介してまいります。   気づけば花盛りが通り過ぎてしまった今年の春。ならば、よそおいで花の美しさを愛でられるような訪問着はいかがでしょうか。   裂取総花訪問着 アイボリーと水色、そしてグレーに染め分けた、裂取がおしゃれなきものです。菊や牡丹、桜など吉祥の花々が咲き乱れる古典的な総花柄ですが、まじめすぎず遊び心のあるデザインに大変ご好評いただいております。薄色の帯で爽やかにまとめていただくのがおすすめですが、さらに遊び心のある帯を締めていただくと素敵なコーディネートになります。   松竹梅訪問着 薄グレーの繻子に赤い梅が咲く、かわいらしさのある京友禅らしい訪問着です。松竹梅を描いた正統派な古典柄の訪問着ですが、背中心付近にまっすぐ天に向かって伸びる竹を描き、全体にのびやかな雰囲気のある一枚に仕立てました。白っぽいものや銀糸の帯と大変相性がよいきものです。   いかがでしょうか。 春の花はまた来年も咲きますし、日本は四季折々にかわいらしい花々を愛でることができますし、どんな場所にもよそおいで咲かせることができるのがきものの良いところ。ぜひ新しい生活でもきものライフを楽しんでくださいませ。  

カテゴリー: 商品コラム | コメントをどうぞ

色を重ねて華やかに…菱健の振袖

おいでやす。 菱健 商品コラム担当の鶴野未来と申します。 商品コラムでは、弊社の季節のおすすめのきものをご紹介してまいります。   今回はお嬢様の晴れ着、振袖のご紹介です。あまり今まで振袖のご紹介はしていなかったのですが、来年の成人式に向け、菱健らしい晴れ着をご覧ください。   扇面に雲取 振袖 黒の緞子にエンジや金茶など色とりどりの雲が浮かぶ、大変華やかなきものです。大きく広げた扇にはこぼれんばかりに花々か載せられています。ふわりとしたボカシに匠の技を感じる一枚ですので、帯も金糸で迫力のある柄ゆきのものを合わせていただくと、若々しくゴージャスな雰囲気に。   几帳に雲取流水ボカシ こちらはチャコール色の緞子に、むかし貴族女性が使っていた几帳を描きました。全面にたゆたうように流れる流水柄と相まって、大変気品に満ちた振袖になっています。京友禅らしさが詰まった、かつオーソドックスな古典柄のきもので、いつの時代にも褒められるよそおいになるでしょう。   いかがでしょうか。 菱健の振袖はそのときの流行を取り入れるのではなく、母から娘、そして孫へ・・・と代々お召しいただけるものを作りたいと考えております。ぜひ思い出と一緒にお嬢様へ受け継いで下さいませ。  

カテゴリー: 商品コラム | コメントをどうぞ

お祝い事に…訪問着と色留袖

おいでやす。 菱健の古川でございます。 商品コラムでは、弊社の季節のおすすめきものをご紹介してまいります。   今回はStay HOMEが明けた際には華やかに着こなしていただきたい訪問着と色留袖をご紹介いたします。   洋花ガレ風訪問着 全身に洋花が流れるようにおおう訪問着です。こちらはフランスのガラス工芸家、エミール・ガレの色彩を意識しながら配色。淡く色付いた花が品よく咲き誇る、絵画のような逸品が生まれました。STAY HOME明けのパーティで、せひお召しください。   雪輪柄 色留袖 ご親族の結婚式や式典・祝賀会を華やかに彩る色留袖です。雪輪の中に牡丹や菊、桐の花が咲き、佳き日を寿ぎます。黒留袖を着た方がよいのでは、との考え方もありますが、カジュアルなお式が増えている昨今。黒留袖までいくと少し重く見えてしまうのではないかしら、という方にもぴったりです。あっさりとした柄ゆきですので、訪問着としてもお使いいただける万能選手です。   いかがでしょうか。 気合を入れておしゃれをして出かける機会が減ってしまったこの春でしたね。 さまざまな祭典や祝賀会がふたたび開けるようになったら、ぜひ存分に装ってくださいませ。  

カテゴリー: 商品コラム | コメントをどうぞ

祝う心を込めて…モダンな留袖

おいでやす。 菱健 商品コラム担当の鶴野未来と申します。 商品コラムでは、弊社の季節のおすすめのきものをご紹介してまいります。   今回は留袖のご紹介です。   松の留袖 嫁入り道具のひとつでもあった留袖ですが、今は結婚式の時だけレンタルされる方も多くなりました。ですが菱健では、一生に何度もない佳き日だからこそ、良いものをお召しいただきたいという気持ちを込めて留袖をご用意しています。 主役の新郎新婦が横にいるのだから、控えめに。しかし披露宴の〆のご挨拶でスポットが当たった時、またお越しいただいた方をお見送りするため金屏風の前に並んだ時、お母様が輝くよう裾模様を配しました。 あえて松だけを流すことで、モダンでおしゃれな印象に仕上げました。   いかがでしょうか。 親として袖を通すのは、きっと人生で2~3回が精いっぱい。それでも我が子にとってこれ以上ない晴れの日だからこそ、最高の装いで見守っていただければと願っております。  

カテゴリー: 商品コラム | コメントをどうぞ