1. トップ
  2. はんなりLab.

はんなりLab

2019年5月24日

好みの色づかいを選んで…茶屋辻柄のきもの

おいでやす。

菱健 商品コラム担当の鶴野未来と申します。

商品コラムでは、弊社の季節のおすすめのきものをご紹介してまいります。

 

今回は同じ茶屋辻柄の、色違いをご用意いたしました。

 

  • 茶屋辻柄附下

薄グレーの駒無地柄に色味を抑えて白揚げ風に染めた、上級者向けの落ち着いた附下です。刺繍を施していないので、きものが畳と接することの多いお茶席に最適です。帯は同色のものよりも少し色目の入ったものがよく似合います。

 

  • 茶屋辻柄有色附下

こちらは附下デビューにも最適な一枚です。薄いうぐいす地に色づいた花々が咲き、堅苦しすぎないきちんと感を出したいときに重宝します。こちらはぜひ金糸を使った袋帯を合わせてお召しください。

 

いかがでしょうか。

同じ図案でも、挿す色ひとつでこんなにも雰囲気やお使いいただくシーンが変わります。それがいつも頭を悩ませるところでもあり、作り手の醍醐味でもあるのです。

 

posted by hishiken at 12:00 | 商品コラム |

トップへ

はんなりLab

株式会社 菱健 HISHIKEN Co. Ltd.,

プロフィール

代表取締役社長 古川貴士

京都三条室町 染処菱健の代表取締役。
「すべてはきものファンのために。」これが「きものづくり」に対する想いです。

Page Top