2017年7月29日

秋到来…慶事の席にもまとう菊の花のきもの

おいでやす。

菱健 商品コラム担当の鶴野未来と申します。

商品コラムでは、弊社の季節のおすすめきものをご紹介してまいります。

 

今回ご紹介するのは、吉祥文様として重宝されている菊の花の附下をご紹介します。

 

  • 菊花文様 染疋田と友禅多色上げ附下

おちついた白茶の地に菊の花を意匠化して描きました。花びらの中にさまざまな吉祥文様が描かれ、袋帯を締めていただくと結婚式のおよばれにも重宝します。たいそう品格あるきものですので、ご年配の方に着こなしていただきたい一枚です。

 

  • 菊花文様 のり糸目あげ

濃紺に、乱菊を写生風に染めぬきました。すっきりしたラインに金を入れており、颯爽と粋に着こなしていただきたいきものです。こちらも袋帯をあわせれば、秋の結婚式にぴったりです。

 

日本を代表する菊の花は春夏秋冬、シーンを問わずお召しいただけます。

凛とした和の雰囲気ただようきもの、いかがでしょうか。

 

posted by hishiken at 10:00 | 商品コラム |

トップへ

Page Top