2017年5月26日

夏に遊び、秋に手招き…おすすめしたいきものと帯

おいでやす。

菱健 商品コラム担当の鶴野未来と申します。

商品コラムでは、弊社の季節のおすすめきものをご紹介してまいります。

 

今回ご紹介するのは、弊社が扱うきものの中では少しめずらしいものが多いかもしれません。

それぞれが生み出されたエピソードとともにご紹介します。

 

  • 小千谷紬地染め帯 新ヒマワリ

こちらのひまわり、東京の新国立博物館の館長と対談させていただく機会があり、その際売店で見つけたポストカードにほれ込んで図案化いたしました。他にない商品だと思いますので、ぜひお手に取ってごらん下さい。

 

  • 芭蕉 駒絽附下

ベージュ地に薄墨色の濃淡で、シックに仕上げたきもの地です。こちらもともとは、芭蕉の柄部分をひわ色に染めたものをご注文いただいたのですが、大変素敵でしたので色を変えて販売させていただくこととなりました。

 

  • 駒絽附下 コスモス小紋

クリーム色に色とりどりのコスモスの花をちりばめました。襦袢の色を変えて、柄とのコントラストの変化を楽しんでいただけます。若い方のおしゃれ着として、さまざまにコーディネートしていただけますし、落ち着いた帯を合わせれば大人の女性の装いに様変わりします。

いかがでしょうか。

盛夏を満喫し、暑気をはらう秋を待ち焦がれるような3つのきもの。

夏のお出かけに、自由なコーディネートをお楽しみください。

 

posted by hishiken at 13:00 | 商品コラム |

トップへ

Page Top