2017年10月28日

着こなし上級者の皆様へ。初春のきもの

おいでやす。

菱健 商品コラム担当の鶴野未来と申します。

商品コラムでは、弊社の季節のおすすめきものをご紹介してまいります。

 

今回は行事の多い年明け、きもの上級者のみなさまに着こなしていただきたいきものです。

 

  • クリーム地 松白上げ付下




白とクリームの濃淡だけで表現した、正統派古典柄のきものです。様々なきものを着こなしてきた、きもの上級者の方々の目に適う一枚ではないでしょうか。金糸でふちどった松の図案はもちろん慶事の席にもぴったり。余計なものの一切ない、引き算の美をお楽しみください。

 

  • チャコール地 松葉付下




抽象化した松の文様が、チャコールの地色を切り裂くようにつきぬけるこちらのきもの。フォーマルにもお使いいただける、モダン古典の表現をめざしました。シャープな雰囲気をお持ちの方が粋に着こなして歩かれている姿が目に浮かぶようです。格の高い帯を合わせておめでたい席にもお召しいただけます。

 

華やかな色合いや図柄もきものの魅力なら、シンプルを究めた一枚もまた、きものの魅力。きものを普段から気軽に着こなす方にこそ楽しんでいただけるのではないでしょうか。

 

posted by hishiken at 21:09 | 商品コラム |

ページトップへ

2017年10月13日

一年の始まりを祝うお正月のきもの

おいでやす。

菱健の古川でございます。

商品コラムでは、弊社の季節のおすすめきものをご紹介してまいります。

 

今回は年明けをおめでたく飾っていただけるきものをご紹介します。

 

  • ベージュ地松竹梅付下




淡いベージュとやわらかなグレーがふわりと交差する中に白上げを残し、松竹梅をカラフルに糸目で染め入れました。おめでたい図柄が上品に並び、少しかしこまったお席にぴったりです。元旦のよそゆきはもちろん、初釜や初いけ式などにお召しください。

 

  • クリーム地宝尽くし付下




クリーム地の上に、踊るように宝物を散りばめました。巻物や丁子に打ち出の小槌、宝鍵などを多色使いの彩色で仕上げ、おめでたい宝尽くしの図案がさらに楽しげに見える一枚になりました。お正月にはこれ以上ないほどうってつけのきものです。

 

いかがでしょうか。

一年の計は元旦にありと申します。このきものをまとう方と周囲の方々に、幸せがたくさん訪れる一年であるようにと願いを込めて。

 

posted by hishiken at 18:52 | 商品コラム |

ページトップへ

Page Top