2017年4月28日

夏をお出迎え…おすすめしたいきものと帯

おいでやす。

菱健 商品コラム担当の鶴野未来と申します。

商品コラムでは、弊社の季節のおすすめきものをご紹介してまいります。

 

今回ご紹介するのは、やってくる夏を心地よくお迎えするきもの。

初夏にまとう単衣、そして盛夏を涼やかに過ごす絽のきものを選びました。

 

 

  • 菱に唐花




グレー地の落ち着いた単衣の附下です。菱型の中に地色となじむ紫系で唐花をあしらっています。薄めの色合いの帯と合わせていただければ蒸した日にも爽やかに来ていただけますし、濃いめの帯と併せていただければ晩夏にも。

 

  • 結城紬地夏物訪問着




紬の女王と呼ばれる、茨城の紬地を使った単衣です。そこに世界文化遺産にも指定されているジャワ更紗柄を藍染で一面に。どんな色使いの帯も合わせやすい一枚ですので、初夏らしくポップにも、上品で涼しげにも、普段着コーディネートを思い切り楽しんで下さい。

 

 

  • 駒絽夏物訪問着




新潟県で織られている最高級の駒絽で織られた、涼しげなブルーの訪問着です。図柄も色はポイント使いに抑えて白で染め抜き、軽やかな中にも凛とした芯のある女性を演出する一枚に仕立てました。

 

いかがでしょうか。

京都を歩いていると、夏にゆかた姿で街を歩く方をお見かけすることも増えました。

その方々が少しずつ、絽や紗をまとって颯爽としているきもの上級者のみなさまに憧れて、夏のきものに袖を通していただきたいな、との願いを託して…。

 

posted by hishiken at 10:00 | 商品コラム |

ページトップへ

2017年4月14日

花を身にまとう…おすすめしたいきものと帯

おいでやす。

菱健の古川貴士でございます。

商品コラムでは、弊社の季節のおすすめきものをご紹介してまいります。

 

今回ご紹介するのは、季節を問わずにお召しになれる花のきものと帯。

現代的なものから古典柄まで、趣きの違う花々をお楽しみください。

 

  • 洋花更紗




クリーム地に洋花を散らした、袖を通す季節を問わない訪問着です。図柄のレイアウトや繊細な色使いで日本らしさを取り入れています。地色がひかえめなので帯合わせで遊ぶ余地が多く、着る人の感性で様々なアレンジを施していただける一枚です。

 

 

  • 濃紫に唐花




若い方のおしゃれ着に重宝していただける染帯です。更紗でよく登場する花の図柄を濃紫地に同系色の紫で染め、白できりりと引き締めて洒脱な印象に仕上げました。カジュアルだけどキレイ目によそおいたい日にぜひ締めてみてください。

 

 

  • 正倉院華紋




薄い水色地にボカシを入れた大変上品なきものです。シルクロードを越えて伝わる正倉院華紋は、古典柄ながら現代的な着こなしもしやすく、とても使いやすい図柄です。吉祥文様ですので、袋帯を合わせていただければフォーマルな場にぴったりです。

 

いかがでしょうか。

山笑う季節に、自らも華やかに。夏を超えたら、山装う季節を背景にすうっとなじむ着こなしを。花のきものが一枚お手元にあると、きもののお出かけもさらに楽しめますよ。

 

posted by hishiken at 10:00 | 商品コラム |

ページトップへ

Page Top