2015年2月6日

お母さまにおすすめの、入学式・卒業式のきもの

門出の季節が近づいてまいりましたね。

今月は、入学式・卒業式に出席されるお母様方にぜひ身につけていただきたいきものについてのお話を。

 

ご紹介するのは、「附下」と呼ばれるきものです。あっさりとした柄付けで、帯とのコーディネートが楽しめます。

 

お洋服で言うと、訪問着がフォーマルドレス、小紋がカジュアルスタイルだとしたら、附下はおしゃれなジャケットスタイルといったところでしょうか。ゴージャスには見えないけれど、品格を感じさせる装いです。

華やかすぎない上品な柄附けが、一歩引いた立場に立つ方の存在感を引き立てるので、お子様が主役の卒業式、入学式にぴったりです。

 

 

では、ご参考までに、当社の新作を少しご紹介しましょう。

 

  • 文箱に草花文様


文箱に草花2

手紙を仕舞っていた文箱は、今でいう筆箱のような存在。

これからも勉強がんばってね。または、ここまでよく頑張ったね、というメッセージがこもっているように思え、私のイチオシです。

 

  • 霞取華文唐草文様




とても上品に着こなせるこちらの文様は、正倉院の時代からある古典文様。

四季を通してお召しいただける柄ですので、とても使い勝手のよいきものだと思いますよ。

 

  • 欧風更紗文様




洗練された更紗文様がうつくしいこちらは、ゴム糊の特性を生かして、きりりとシャープな染めを施した文様です。お洋服を着なれた方には、逆にこういったきものの方が袖を通しやすいかもしれませんね。

 

 

春の門出、せっかくですからふだんと一味ちがう装いでお祝いしてみてくださいませ。

 

 

来月は1月のつづきで、でんぷん糊について少々お話しましょう。

 

お楽しみに!

 

posted by hishiken at 11:02 | はんなり研究 |

ページトップへ

Page Top